【ハープ奏者がオススメする!】ハープ演奏にぴったりの「イス」3選 Chair チェア

今回は、ハープの演奏に必須の「イス」
ご紹介します。

独学しているとあまり気にかけない
「演奏時の姿勢」。
美しく、楽に自由に演奏するためには、
自分の身長と楽器に合った高さで演奏することが
大切です。


つまり、
「イス」の高さを適切に調整することで
演奏の自由の幅が広がります!




アイリッシュハープ、グランドハープなど
30弦以上のハープを演奏しているあなた、
ぜひ、高さ調整のできるイスにして
自分が「楽に」演奏できるポジションを探しましょう!




さて、演奏時に使うイス選びのポイントは「3つ」
あります。

①高さが調整できる
(43㎝~58㎝くらい)

②座面(お尻で座る面)の広さ

③本体の重さ

それぞれを踏まえたオススメをご紹介します。

ー広告ー

ハープ奏者がオススメするイス

①ピアノ演奏でも王道!「トムソン椅子」

日本製トムソン椅子

オススメポイント

1.43㎝~55㎝と調整高が広い

2.座面が広い

3.背もたれがあるのでハンマーや鉛筆を置いても
落ちる心配が少ない
 

グランドピアノの演奏でも使われている
王道といえば、トムソン椅子!
見たことある方も多いと思います。

しっかりした造りなので安定していますし
背もたれがある安心感もあり
王道としてオススメ!
私も使用している椅子の一つです。

こんな風にお尻の後ろにはハンマーを置いていますが
背もたれがあるので落ちる心配がなく、
後ろを見ずに、手探りで取って、見ずに置きます。

無駄な動作は最低限に☆

✔値段が高い
✔安定しているため重さがある(約7.5kg)

もっと安価な方が・・・
という方にもオススメしたいのはこちら

ー広告ー

YAMAHA 高低自在椅子 BC-205シリーズ

①YAMAHA 高さ調整イス

オススメポイント

①1万円弱で購入できる

②カラーが選べる4色!

③高さ調整も充分(約48~56㎝)
 

なにより値段がトムソン椅子と比べると半額以下。
購入しやすいですね!

カラーが
ダークローズウッド
ブラック
ホワイト
ホワイトアッシュの4色。

椅子って黒が多いので
白や木に近い色がいいなって方には
ピッタリです。

⇒YAMAHA製品ページ

✔重さがある(約8.9キロ)
✔トムソン椅子と比べると座面がせまい(30㎝)

もっと軽くて安価なものがいい!
という方へはこちら

KORG 高低自在イス PC-300

③KORG 高さ調整自在椅子 PC-300

オススメポイント

①軽くて持ち運びやすい

②購入しやすい料金

③高さ調整も自在(46~55㎝)
 

高さが調整できる椅子の中でも
軽量のタイプ。
そして一番安いです。

けれどKORGが出している商品なので
ノーブランドの商品より
安心感がありますね。

カラーも
ブラック
ブラウン
ホワイトの3色から選べます!

座面が少しせまいことと
軽いので安定感抜群!というわけでは
ありませんが

ハープ演奏のイスとして充分に使えます。

⇒KORG製品ページ

ー広告ー

番外編のオススメ☆

✔料金より見栄えや使いやすさ重視!

という方へ
こんな椅子もあるのでご紹介します。

イドラウ HIDRAU 手作り椅子

スペインにある「イドラウ HIDRAU社」
知る人ぞ知る、ピアノイスの名店です。

椅子の全てを手作り生産!
見た目も実用性も抜群のイスを製造されています。
日本にもたくさんの愛用者がいらっしゃいます。

ホールのステージで使うピアノにあった
すごく立派で座り心地抜群のイスが
このイドラウ製のものでした。

デザインも素敵ですね。



他にも日本製で手作りのイスは
色々あると思います。
職人による手作りのものは
何より素敵ですね。

最後に

できるだけ安い方がいい・・・

と探してしまいがちですが、
椅子は一生ものです。

楽器(ハープ)の寿命は40~50年と言われますが
椅子は、大切に使えば、お子さんやお孫さんの代まで
使うことができます。

そう考えると、
安く買って壊してしまうより
良いものを長く使うのもいいな、と思えます。

アイリッシュハープを低い椅子で弾くと

✔レバーの操作が難しい
✔姿勢が悪くなる
✔楽器を自分で支えるので重くて疲れる

など
知らないうちに体に負荷がかかっているかもしれません。

それぞれの身長と楽器の大きさに合わせて
椅子の高さを調整して

楽に自由に美しく
奏でてください。

参考になりましたら嬉しいです。

まとめ

①日本製 トムソン椅子

②YAMAHA 高さ調整椅子 BC-205

③KORG 高さ調整椅子



おまけ☆
めちゃくちゃ使える楽譜ファイル」
ファイリングしたまま書き込めるので
楽譜の出し入れいらず!

書き込むときにいちいちファイルから出さなきゃいけない
あのストレスから解放されるので
とっても使い勝手がいいです。

「楽譜の保存用は100均のもので」
「よく使う、今使う楽譜はこちらのファイルへ」

そんな使い方がオススメです♬

ー広告ー